ござるある!

おはようございます!
朝7時からの学習塾
朝塾です。

大人の方々は普段から「敬語」を使う場面があると思います。

しかし、小中学生はこの、「敬語」の理解がなかなか難しい。

日常的に敬語を使う機会のある小中学生(習い事やお商売をしているお宅など)は別として、朝塾でもかなり丁寧に指導する単元の一つです。

先日、敬語を学習していた生徒さん。この生徒さんは普段から朝塾の先生方にも丁寧な言葉で接しているので、とてもスムーズに敬語の変換が出来ました。「言う⇨おっしゃる」は、ちょっと苦戦していました。敬語は、動作の主が誰かを考えると、比較的導きやすいです。

ふと思い出したのが、以前食事をしていたお店で、可愛い店員さんが、ちょっと焦ったのか、「○○はござるある!」と言った後にすごく恥ずかしそうにしていた場面。

おそらく、「◯◯はございます」と「あります」が混ざったのでしょうね。急に武士みたいで笑ってしまいました。(店員さんも笑っていたので、救われたかなーと思います。そういう場面って難しい。「ありますよねー」って共感するのがいいのかな)

まもなく新学期です。

お友達紹介キャンペーンが始まりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です