パンドラの箱と玉手箱

おはようございます!
朝7時からの学習塾
朝塾です。

とあるプリントの問題に、

「箱の中に、最後まで残っていたものは何でしょう」というものがありました。

ご存知、ギリシャ神話の「パンドラの箱」にまつわる問題。開けてはいけないと言われてしまった箱を開けてしまい、この世のあらゆる悪いものが飛び出していきます。しかし、箱の中には残っていたものがあります。問題の答えは、箱に残っていたもの、「希望」が当てはまります。(だから、人間の世界では、どんな時でも希望を持てるのですね。余談。)

パンドラの箱から話題は浦島太郎へと移りました。

こちらもご存知、玉手箱です。

浦島太郎が、乙姫様にお土産にもらう、箱。

開けると、中から白煙がでて、太郎はおじいさんになってしまいます。

皆さんどんなメッセージを、この話から読み取りますか?

「開けちゃいけないのに開ける太郎はよくない」

「人間は欲には勝てないのだ」

「そもそも、そんなものをお土産にした乙姫が悪い」

などなど、読み手によって様々な反応が出来るのが面白いところ。

私が支持しているのは、「箱の中には、太郎の【時間】が入っていた」という意見。

これは、以前、タイで日本語教師をしていた時代に、タイ人の大学生が述べた意見です。

つまり、「太郎が竜宮城で過ごした時間が、玉手箱の中には入っていて、太郎が帰るときに、乙姫はどうしてもその時間を太郎に返さなくてはならなかった(その時間は、太郎のものだから)。玉手箱を開けると、太郎に時間が戻り、歳をとってしまうことを乙姫は知っていたのだけれど、真実を話せない事情があって、でも、とにかく「開けてはいけない」事を強く伝えたのではないか」という意見です。

不思議なもので、思いもよらない意見が出てくると、それまで「乙姫は悪いやつ」という雰囲気がなんとなく漂っていても、一転、「乙姫はいい人なんじゃないか」という雰囲気に変わるのです。

多面的なものの見方、人の意見を聞く真摯さは、本当に大切だなと思いました。

朝塾では、9月生を受付けています(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です