今年最小の下弦の月

2024年1月4日に見える下弦の月は、今年最小の大きさです。

月の満ち欠けは、新月(見えない)をスタートとすると、
新月→上弦の月→満月→下弦の月のように形を変え、およそ28日で新月に戻ってきます。

地球と月の距離はおよそ38万キロですが、正円ではなく楕円の起動なので、月が大きく見えたり小さく見えたりするのですね(肉眼ではほとんどわからないくらいの変化です)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です